ソレイユは横浜の火葬・直葬、家族葬のご葬儀を低費用のご予算で施行する葬儀社です

インターネット

インターネット

沖縄が梅雨入りしましたね。
初めて世界地図で日本を見て『こんなに小さかった?』と感じた人は多いと思います。それでも日本には四季があり、それぞれの地方には文化があって方言も豊か。TV番組の県民ショウ??何度か見たことがありますが、へ~っていうことばかり。うっとしい梅雨入りも間近ですが、これも四季折々の一節、夏に向けての体力を今から作っていきましょう。

《ソレイユさんのサイトを拝見したのですが、SEO対策はお考えになられてますか?》

毎日のようにインターネット関連の業者さんからお電話を頂きます。サイト制作に詳しい方はご存知かと思いますが、商用サイトは集客が最大の目的。多くのアクセスをとるために費用を出してサイトを強化するのです。そこにはたくさんの手法があって、関連する業者さんが色々な提案を持ちかけてきます。

ご覧いただいているこのサイトは、独学知識の私1人で制作しているので耳を傾けることも多いのですが、費用をかけたらキリがないというのが本音。徹底的にSEO対策をとるなら月々10万以上は最低かけていかないと・・・汗
聞くところによると、月々100万単位で投資する会社もあるんだとか・・・泣

葬儀業界の会社運営はインターネットによって、ここ15年で大きく変わっています。一番の変化は葬儀費用の大暴落でしょうか(笑) 各家庭にPCが置かれるようになって、グレーゾーンであった葬儀の費用がネットを使って新しく参入した会社に暴かれてしまったわけです。バブル崩壊後でもNHKの報道で【葬儀の相場は300万円】と番組が組まれてましたからね。 しかも使い回しの白木祭壇、1件で50万でも100万でも経費ナシに普通に稼げたわけですから、今の価格崩壊は大手や老舗の葬儀社には大きな打撃です。

無店舗営業、異業種界からの参入、零細企業・・・等々。
ネットを活用して会社経営をいく中で、いくら費用をかけてもキリがないSEO対策に悩まされているというのが現実。 費用対効果でいうとSEOに費やす費用から考えても安い企画の葬儀を打ち出すのには無理があります。

【葬儀】【横浜】と簡単な検索でトップの位置をキープするのは、サイトに費用をかけない私にとってはカミワザ。

葬儀はお客様と自分との間に《縁》がなければつながらない・・・まさに昭和的な考えですけど、今後も独学でサイトを運営していこうと思っています。

writer Smoking Gorilla

コメント


認証コード9783

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional