ソレイユは横浜の火葬・直葬、家族葬のご葬儀を低費用のご予算で施行する葬儀社です

葬儀社が知りたいこと

葬儀社が知りたいこと

どのようなお客様でも葬儀は1本の電話から始まります。今はたくさんの情報をネットで集めることができるので、中にはお詳しいお客様も多数おられますが、実際に葬儀社と向き合う際に葬儀社はお客様のどんなことを知りたがっているのか、なぜそうなのかが分かると、お客様が葬儀について思案する時の参考にもなると思います。 事前の相談も実際にご不幸があってからの打合せも、ほとんど変わりはありません。

葬儀の形態と参列者の人数

火葬・直葬家族葬一日葬など、葬儀形態は多様化しています。どんなご葬儀を希望されるのか、そして参列者の人数はどうなのかによって、式場を選定します。 ご不幸があったお客様は、式場の予約がはっきりと決まらなければ、火葬場の予約もできず日取りが決まりません。 事前相談の場合にも、人数や形態が分かると葬儀社は式場の提案がしやすくなりますし、規模や形態にあわせて式場を選ぶと費用的なロスもおこりずらくなります。

寺院のお付き合いと埋葬場所

え?葬儀の打合せに埋葬場所が?・・・と思われるかと思いますが、とても重要なことです。 もしお付き合いのお寺さんがなく、葬儀の時に戒名を頂いて、将来的には近くに墓地を検討したいというケースでは、葬儀社からご寺院をご紹介することができます。 この時、単に先祖代々の宗派に合わせるだけではなく、できるだけ自宅から近いお寺の方が後々のご法事がとても楽になりますし、現在49日のご法事が納骨のタイミングとされる事が多いのですが、もしそれまでに墓地が見つからなければ、お寺にお骨をお預けする事を選択することもできます。 お近くのお寺にご遺骨があるという安心感も得られます。 また埋葬場所の確認は、将来的に霊園探しの1つになるよう墓地が空いているお寺に絞ることもできるのです。 式場と同様に、お寺さんの手配がつかなければ葬儀の日取りが決定しません。

お布施が安ければ何宗でも、どんなお寺でもかまわない?
実例として、他の葬儀社で寺院を紹介してもらったお客様のお話で、49日のご法事をお願いしよう連絡を入れたら県外のお寺で、親族が本堂に集まることが距離的に難しく、自宅でのご法事を依頼したら断られたそうです。 親戚から頼まれていたお墓のお塔婆も、取りに来てくれるのなら用意できるとの事。 お戒名も頂き、先々のご法事はご葬儀をお願いしたお寺にお願いする事になりますので、ネット検索などの依頼には十分な注意が必要です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional