ソレイユは横浜の火葬・直葬、家族葬のご葬儀を低費用のご予算で施行する葬儀社です

葬儀の決め方

葬儀の決め方

万が一のご不幸に備えて事前に検討されることをおすすめします

葬儀の検討を進める3つの重要なステップポイント

ステップ1   ご葬儀のスタイルを決定する

火葬・直葬 家族葬一般の葬儀(個人葬)など、希望するスタイルを会葬者の人数、故人の意思、遺族の意向などを参考にして決めます。

ステップ2   場所(式場)を選ぶ

会葬者の人数、形態、予算によって式場を決定します。 お身内の方が中心の家族葬の場合は、火葬場併設の式場をおすすめします。 霊柩車などの車両の費用が不要で時間的なロスもありません。

ステップ3   葬儀の料金・最終予算を決める

どの葬儀社のチラシやパンフレットでもその価格だけで葬儀は行えません。 葬儀のソレイユではお客様の総費用の予算を元に、必要な物だけを取り入れる無駄のないご葬儀プランをご提案します。

参考

後悔しないために

葬儀屋の私から単刀直入なアドバイスです

  1. 葬儀社ではなく担当者が重要なポイント
  2. かける費用は葬儀のやり方次第
  3. 片手間の検討時間では決めれない

どんなに忙しくても実際に葬儀社の担当者と直接会って相談をすることが後悔しない最大のポイントです。担当者がすすめる式場を一緒に見学するのも非常にいい事だと思います。

初めて頂くお電話では 《いくらかかりますか?》 というお問い合わせが大半です。 しかし同じ家族葬のご相談であっても、実はお客様ごとに状況や要望は全く違っているものです。宗旨も違えば人数もご予算も、葬儀に対するお考えも違います。お客様にとって予算的な不安が第一なのは確かで、もちろん理解するところなのですが、私はお客様から様々なお話をお聞きし情報や意向を理解した上で、総合的な観点でお客様に最適な葬儀のご提案をしています。

費用面のお答えは計算すればすぐにでます。でも近年の葬儀にみられるように、お葬式も昔と違って凝り固まった風習や慣習が薄らぎお客様単位によるものが多くなりました。葬儀の費用はかければかけた分、反対にかしこく済ませることも可能で、葬儀費用はやり方次第というところです。

《はい、いくらです》 と簡単に答えてしまえる葬儀社や施行担当者は要注意。
多くの葬儀社と担当者に接してきている私の長い経験上、そのような担当者や葬儀社は事務的に葬儀を進行し、マニュアル的な葬儀はできても細心の注意をはらって、お客様の立場に立った心のこもった施行はできないと断言します。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional