ソレイユは横浜の火葬・直葬、家族葬のご葬儀を低費用のご予算で施行する葬儀社です

葬儀のながれ

葬儀のながれ

ご不幸が起きてからご葬儀が終了するまでには、短期間の間に決めなければいけないことややらなければいけない事がたくさんあります。当社ではお客様がお困りにならないよう細部にわたってアドバイスやご提案をしています。

ご逝去から日取りの決定まで

お通夜までの準備と手配

お通夜までの手配

お通夜から葬儀告別式 精進落し

お通夜当日


  • 1、ご一報ください
    まずソレイユへご連絡をください。お客様の急なご不幸に対応するため24時間の電話受付けをしております。
  • 2、病院のお迎え
    横浜・川崎・横須賀・東京都内の数箇所にある、病院に一番近い搬送専門業社が専用車でお迎えにあがります。ご連絡を頂き次第、迅速な対応をいたします。ご葬儀の施行をソレイユにご指定いただいている際には、病院や病院指定の業者等に対して、後々のトラブルが起きないようにその趣旨をはっきりとお伝えください。  
  • 3、ご遺体のお預かり
    さまざまな理由からご遺体をご自宅へお連れできない場合は、ご連絡を頂く際にご遠慮なくお申し出ください。数箇所の提携安置施設と安置設備のある斎場もご案内できます。
  • 4、枕飾り
    ご自宅や安置所に到着したのち、枕飾り(お線香の支度)の設置をいたします。お顔側が北向きか西向きになるようにお布団を用意します。生前ご使用していたベットでも差し支えはありません。枕飾りの仏具や机、お線香などは、葬儀のソレイユでご用意いたします。

  • 5、葬儀形態の決定
    ご葬儀の打合せで最初にお聞きするのは、お客様がご希望される葬儀の形態・規模です。火葬(直葬)・家族葬・一般個人葬、その中でもお客様のご要望は多岐にわたります。
  • 何を聞いていいのかも全くわからない・・・
    ご安心ください。葬儀のソレイユはお客様のアドバイザーでもあります。担当者から一つ一つご質問とご説明をさせていただき、お客様にとって一番いい葬儀のプランをご提案をさせていただきます。
  • 6、式場の選択
    ご葬儀の形態や規模、お客様のご希望によって葬儀の式場を決定いたします。式場の問い合わせや手配などは葬儀のソレイユでいたします。
  • ポイント
    • お客様のご葬儀の形態に合った式場か
    • 葬儀の規模、ご親族やご会葬者の人数に対応が可能か
    • 式場までの交通アクセスや駐車スペースはどうか
    • 式場費用
        などが式場を選択する主なポイントです
  • 7、日取りの決定
    火葬炉の予約 霊柩車の予約 菩提寺のご都合 式場の予約を葬儀のソレイユが行います。すべての予約が整って、葬儀の日程が決まります。

菩提寺に連絡が可能な時間帯であれば、葬儀日程を決める各予約と手配には、おおむね十数分といったところです。しかし深夜などの時間帯には翌朝の手配になり、日程の決定は翌朝になります。

  • 8、訃報の連絡
    葬儀の日取りが決まってから訃報の連絡をしていただきます。その際、まだ日程が確定していない時点で 《たぶん◎日の☓時から△式場で通夜だと思う》 の連絡は控えてください。《おそらく》《でしょう》の連絡は、巡り巡って決定情報になることがあり、後々大勢の方の混乱を招く原因となることがあります。

《もう連絡しちゃったんだからなんとかしてよ 葬儀屋さんでしょ?》 

火葬の予約 霊柩車の予約 式場の手配 などは、全ての葬儀と言っていいほど、これは短い時間の間に手際よくスピーディーに手配できる葬儀社の仕事です。そして全ては予約順になり、葬儀のキャンセル待ちは考えられません。火葬場などはピークになると5~7日待つことも。いくら葬儀社であっても都合がつかないことが現実です。近親者には、亡くなったことだけをお伝えし、必ず担当者からの日程の連絡をお待ちください。


  • 9、枕経 仮通夜
    枕経は亡くなって一夜を越す前、また亡くなって直ぐにあげられるお経です。最近では急な依頼になるため、菩提寺のご都合やご遺族の方のご都合により省略されることがほとんどとなりました。仮通夜でのお経はありません。現在では、ご遺族が故人を囲みお守りするお通夜の前日が仮通夜とされています。
  • 10、戒名とお布施の相談
    御戒名は人が亡くなってからのお名前で、生前中のお名前はは俗名になります。菩提寺がある場合には、お寺さんと相談して御戒名をいただきます。お布施は通常、戒名料・お経料・初七日のお経料を合わせたものをいいます。お布施について分からない場合には菩提寺にお聞きしてもよいでしょう。御戒名につけられる信士信女 居士大姉 院号など、人に与えられるというよりも家系に与えれるものとお考えください。ご先祖様が院号をいただいている場合、通常は新しい仏様にも院号が与えられることが多いようです。お布施の金額も大きく変わることがありますので、ご寺院との十分なご相談をおすすめします。 もし菩提寺がなく、葬儀を機に新しくお寺様とのお付き合いをご希望のお客様には、葬儀のソレイユから各宗派の御寺院をご紹介いたします。 その場合のお布施については、事前にお客様へ金額をお伝えいたします。
  • 11、旅仕度 ご納棺
    旅仕度は専用の白装束を葬儀のソレイユでご準備いたします。身体を清める清拭等は病院で済まされることが多く、ご遺族と近親者の立会いによって旅仕度をさせていただきます。ご納棺の際には副葬品として、薄い書物や衣類を一緒に納めることができます。時計やアクセサリーなどは、火葬炉施設の規定もあり遺品として保管されることをお勧めいたします。また宗旨や宗派によって旅仕度をしない場合もあります。
  • 12、遺影写真
    葬儀に際して遺影写真を作成いたします。原本となる写真を数枚お預かりし、お客様のご希望や故人にふさわしい写真から作成します。集合写真や免許証、パスポートなどの証明写真からも作成が可能です。
  • 13、死亡届・火葬申請書の記入
    病院から渡される死亡診断書は、片面が死亡届になります。死亡届けと火葬申請書を役所に提出することによって、戸籍の除籍と火葬許可書の受理までが処理されます。葬儀後の手続きとして死亡診断書が必要な場合には、発行された病院で交付をしてもらえます。死亡届・火葬申請のご記入は間違いのないようにお客様にご記入をお願いしますが、役所の手続きは葬儀のソレイユが代行いたします。

  • 14、料理  引出物
    料理 引出物はパンフレットの中よりご検討お選びをいただきます。料理についての度合い数量は、人数と会食スペースによって違ってきますので、葬儀のソレイユでアドバイスをいたします。最近のご葬儀では、お香典をいただいた方へのお香典返しを当日にお渡し(即日返し)が主流です。引出物は返品が可能、ご使用分のご清算となりますので予め多めに手配いたします。
  • 15、生花 供物
    ご親戚様などから依頼された祭壇にそえる供花やお供物を取りまとめて、通夜の前にリストを作成して頂きます。リストのお名前はそのままご芳名の札に反映されますので、失礼のないように字のお間違いや旧漢字などには注意が必要です。また直接ソレイユにご注文をいただいた各関係先様などからの供花については、先方様への請求書の送付からご入金まで、葬儀のソレイユが処理いたします。
  • 16、受付係
    葬儀の最中ご遺族ご親戚の方は参列者になるため、受付などのお手伝いの方を必要に応じて依頼しなければいけません。受付は現金を扱うため、遠縁のお身内の方が1人受付におられると、依頼された方たちの安心感につながります。料理や引出物のご注文のあるときには、各業者のスタッフがそれぞれのパートをこなします。

  • 17、遺族来場時間
    遺族(近親者)の方は、開式の1時間半を目安に式場にお集まりいただきます。供花や供物のご芳名の確認や順序、葬儀担当者との最終的な打合せと確認をしていただきます。ひと足先に来られることでお手伝いに来られる係の方へのお迎えやご挨拶をすることができます。
  • 18、開式 1 時間前
    受付係の方の来場時間になります。担当者から引出物に関係する引換券の取り扱いや記帳方法などのご説明をさせていただきます。またご親戚の方の来場時間も1時間前からが目安となり、弔問客の来られる前に記帳を済ませておきます。
  • 開式 30分間前
    ご寺院のご到着時間になります。お身内の方がお車でお迎えに上がられる時には、時間を逆算して30分前にご来場できるように時間スケジュールをとりましょう。ご寺院の到着後、喪主、主だった遺族の方は控室へご挨拶に伺います。またご親戚の方の来場も、30分前までに到着されることをお勧めいたします。
  • 開式 10分間前
    ご遺族とご親族の方たちは式場に入り着席となります。葬儀のソレイユの司会進行者から席次やお焼香、式次第のの説明をさせていただき、ご寺院のご入場と通夜の開式の準備を整えます。 
  • 19、通夜読経終了
    ご寺院の読経が終わり、通夜の式は終了となります。ご寺院にあらためてご挨拶をし、お布施をお渡しします。もし読経が終わっても弔問客の方が来ている場合には、通常は席を立ちません。読経終了後は会食の席(通夜ぶるまい)へと進み、お手伝いいただいた係の方たちとともに、ご飲食をいただきます。菩提寺の場合にはご寺院が同席されることもあります。
  • 20、葬儀告別式へ向けて
    読経終了後からご会食の終了までの間に、翌日の確認と打合せを行います。弔電読み上げ、出棺時の挨拶、火葬場への車両の確認、精進落しの会席膳などが主だった項目になります

葬儀 告別式から繰り上げ初七日 精進落し

  • 21、遺族来場時間
    開式の1時間前からが親族の来場時間の目安になります。喪主と遺族は1時間前までには到着していましょう。到着後、葬儀担当者から弔電の順序確認、代表挨拶、精進落し人数などの確認をさせていただきます。
  • 22、開式 1 時間前
    受付係の方の来場時間になります。担当者から引出物に関係する引換券の取り扱いや記帳方法などのご説明をさせていただきます。またご親戚の方の来場時間も1時間前からが目安となり、弔問客の来られる前に記帳を済ませておきます。
  • 開式 30分時間前
    お寺さんの来場になります。自家用車でお迎えにあがる場合には、30分前に来場できるように時間スケジュールを組みます。喪主、主だった遺族の方は、お寺さんのご挨拶に控室へ伺います。 
  • 開式 10分間前
    遺族親族の方へ式場にお集まりをいただき、着席をして開式をお待ちいただきます。葬儀担当者から、葬儀告別式の進行説明をさせていただきます。 
  • 23、葬儀読経 繰り上げ初七日法要
    通常の葬儀と告別式は、合計1時間前後となります。繰上げ初七日法要については、葬儀の読経に続いて行われるケースもありますが、その場合においても45分~50分の読経をされるご寺院が多いです。
  • 初七日法要は、本来ご逝去された日を含めて7日後に行われる法要です。しかし葬儀日程の関係で、葬儀が終わった翌日や翌々日などが本当の初七日法要になってしまったり、生活習慣の多忙などの理由から、現在は葬儀の読経に組み入れるか、火葬場から戻ってきてからの当日に済ませるケースがほとんどです。

  • 24、お別れの献花
    葬儀読経終了後、祭壇前での告別式へと進行されます。祭壇の供花を葬儀スタッフによって献花用としご準備いたします。約5分前後の準備時間をいただきますが、もし受付に親族の方が係りとしておられない場合、この時間を利用して受付会計の方からお香典、記帳簿を遺族の方に渡されます。その後の流れによって、受け渡しのタイミングが非常に得にくいのと、ご出棺後から火葬場、そして戻るまでの数時間、係りの方が待たなければならなくからです。告別式はお一人ずつ、献花でのお別れとなります。
  • ご出棺
    お別れの献花が済み、お棺の蓋がしめられます。近年では棺の蓋に行われる釘打ちの慣習も少なくなってきています。ご出棺の時間が決められているため、献花のお時間に時間を費やすのが1つの理由でもあります。お蓋がしめられた後、ご会葬に来られた弔問の方に対して遺族からのお礼のご挨拶を 遺族の代表者の方からいただきます。ご挨拶に関しては特別な取り決めはなく、喪主の方がご挨拶をされたり、故人のご子息やご兄弟のこともあります。滞りなく閉式をしたのち火葬場へ向かいます。
  • 精進落とし
    精進落しは、初七日法要が終わったあとの会食のお席になります。 初七日にあたって忌中明けを意味することで、参列をして頂いた方々に、故人が亡くなってからの7日までのご精進を落していただくという施主からのおもてなしのお席になります。 会食前には、喪主からのご挨拶、そして故人との関係や縁の深い、親戚友人の方より献杯の発声を頂き会食となります。 

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional