ソレイユは横浜の火葬・直葬、家族葬のご葬儀を低費用のご予算で施行する葬儀社です

事前に準備できること

事前に準備できること

ご葬儀はご不幸が訪れてから短時間の間に多くのことを的確にこなしていかなければいけないのが実情で 『悲しむ間もなく葬儀が終った』と、よく耳にするほどです。 ただでさえせわしい現代社会・・・最期を送り出す大切な時間を少しでも多くとって頂くためにも、時間のある時に準備できることは済ませておきましょう。

  • 宗派と寺院
    • 墓地の確認 ご宗派、お付き合いのある御寺院 お寺に墓地のある菩提寺など事前に確認をしておきます。  ※公営・民営墓地をお持ちで、御寺院とのお付き合いもない場合はご紹介も可能です。

  • 写真の準備
    • できるだけ大きく鮮明に写されているものを数枚ご用意されるといいでしょう。 免許証からも写真を引き伸ばすことができます。

  • お帰り先 ご安置の検討
    • 病院からお連れする際のお帰り先やお部屋を考えておきましょう。様々な事情からご自宅に帰れない場合は安置設備のある式場などご提案させて頂きます。

  • 連絡先名簿を作成する
    • いざとなってからの名簿整理から連絡は、なかなか時間がとれません。前もって名簿を整理されることをおすすめします。

  • ご参列者の人数の把握
    • 参列者の把握は、とても重要な要素になります。規模に合わせた葬儀場の選択、料理、会葬礼状、引き出物に関係してきます。おおよそでも人数の把握はしておきましょう。

  • 2~3ヵ所の葬儀式場検討
    • ご家族のご希望はもちろんですが、ご希望の日時、ご僧侶などのご都合もあるので、状況によって判断する必要があります。アドバイスや申し込みは当社がサポートいたします。

  • 喪主の検討
    • 一般的には世帯主や配偶者、長男(または長女)が喪主を務めますが、法事や墓参りなど、葬儀後の供養も執り行っていく責任がありますので、ご家族で話し合って慎重に決めましょう。

  • 本籍地の確認
    • 死亡届の書類に正確に記入しなくてはいけません。間違った本籍地を記入したために戸籍課で受付されなった役所も実際にありましたが、知っているようで実は間違って記憶されてる方が多いのも事実です。

  • 三文判の用意
    • 死亡届の手続きに、届出人の印鑑が必要になります。公的書類は30年間の原本保存が定められているためシャチハタは不可です。当社での代行手続きのためお預かりして差し支えのないご印鑑をご準備ください。


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional